2010年1月30日土曜日

Hello XNA

今回は開発ツールのXNA Game Studioをインストールしてこんちゃするところまで。

情報の入手先

XNAの開発にかかわる公式情報は以下のサイトに存在する様子。

  • XNAデベロッパセンター

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/xna/default.aspx

  • msdn

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/bb200104.aspx

  • XNAクリエーターズクラブ

http://creators.xna.com/ja-JP/

 

Visual C# 2008 EE

  • XNA Game Studioのインストールの前にVisual C# 2008 EEかVS2008のインストールが必要になる。
  • 前者がタダなのでこれをダウンロードしてインストールする。

http://www.microsoft.com/express/Downloads/#2008-Visual-CS

ひっついてきたSQLサーバだかのインストールが失敗したっぽいが、とりあえず気にせず進む。

 

XNA Game Studio 3.1

  • 09/07/02にXNA Game Studio 3.1の日本語版が公開されていて、現在このバージョンが最新のようである。

http://creators.xna.com/ja-JP/japan/

  • これをダウンロードしてインストール。特につまづくところ無し。

 

作成したゲームの実行について

  • WinPC及びZune上でのゲームの実行にはメンバーシップが不要だが、Xbox360上での実行及びLIVEサービスの利用には各種メンバーシップが必要となる。

http://creators.xna.com/ja-JP/XNAGS3.1readme

 

こんちわXNAブルースクリーン

  • VC#EEを起動してファイル->新しいプロジェクト->XNA Game Studio 3.1のWindows ゲーム(3.1)を選択してOKをクリック。

screen

テンプレートが生成される。

  • テンプレートの各ファイルやディレクトリの説明は本家のmsdn参照。

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/bb203928.aspx

 

  • 生成されたテンプレートをF5キーにてビルド実行。

screen

青い。