2011年4月26日火曜日

おひとりプロジェクトで使えそうな管理サービスいくつか

VFS Digital Design Agile Project Managementphoto © 2010 Vancouver Film School | more info (via: Wylio)

 

 

ちょっと備忘録的な感じで。

 

Fogbugz, Klin

Fogbugzは結構よい感じのチケット管理サービスで、Using Student and Startup Editionてコースだと2名まで無料。KlinはMercurialのソース管理もろもろでチーム作業によさそうだが、25$/mからでちょっと趣味用には厳しい。

 

ProjectLocker

TracとGit/Svnが300MB、3プロジェクトまでフリー。問題なく使えたけどちょっと重かった記憶がある。

 

Bitbucket

Wikiとイシュートラッカーに、プライベートなMercurialリポジトリ無制限で無料と豪華な感じ。よさげだけどまだ触ってみてない。

 

Beanstalk

Git/Svnで100MBまで無料なので、ちょろっとソース置いとくには良い。チュートリアルが丁寧で見た目が良い。

 

Github

公開リポジトリは無制限にフリー。非公開は7$/mから。公開でやるんならメジャーだし良いと思われる。

 

PivotalTracker

最近気づいたけどアジャイルな(ストーリーベースの)プロジェクトの管理が得意なのが売りの管理ツールとかもあるっぽい。コレもそう。5メンバー、1GBで7$/mから。面白そうだけど一人だとナンだしお試し2ヶ月までなので触ってない。

 

番外:EC2のMicroInstanceでRedmine立てる

bitnamiのイメージ立ち上げるだけなら、あとはオレオレ証明書でも作ってSSL有効にする程度なのでそれほど手間じゃない。好きなもん入れられるメリットあり。無料キャンペーンやってるけどひと月1ドル〜数ドルくらいはどうしてもかかっちゃう感じ。

 

 

2011年4月24日日曜日

ゲーム感想:Portal2

Portal 2 flyphoto © 2010 Warvan | more info (via: Wylio)


Valveの新作、Portalの続編であるPortal2が4/21に発売されたので、Steam(mac版)にて50ドルぐらいで買ってやってまいました。他はしらんけど少なくともSteam版は日本語字幕が入ってるので問題なくプレイ出来ます。MacBookAir13インチでスペック足りるかちょっと不安だったけどまあほどほどに動きました。ファンがスンゴイ回りますが。

Portal2に期待するところというのは基本的に前作同様、緻密に調整された楽しいパズルとGLaDOSを始めとするApertureScienceの素敵なAIやメカ萌えなわけですが、そのどちらもキッチリ満たしてくれる続編でありとても満足できました。ちょっとおねだん高くなっちゃったなーと思ってたけどボリュームもなかなか、シングル2周少々した時点でプレイ時間16時間なのでそれなりにあります。

パズルの部分は前回同様、ギミックの学習からコツコツ積み上げていって徐々に応用編をやらせていく、学習曲線をちゃんと意識したしっかりした設計になってます。今回新たにジェルやブリッジ、ジャンプ台(Aerial Faith Plate)などが追加されていて色々出来ます。最後まで飽きずに楽しくプレイできました。

おはなし的には、ホイットレー(Wheatley)という青いコアと協力して施設からの脱出と必要ならGLaDOS倒そうぜという感じでやってくのですが、おまえーっ!ってなります。まだ出たばっかだしストーリーはこんなもんで。プレイの中でApertureScienceのいろんな施設であるとか歴史であるとか見れるところもあって、その狂気じみて緻密な設定や描写にかなりうっとりできます。

他の要素としては、初代Portalにあったような開発者コメントが聞けるモードが今回もあってなかなか興味深いです(これもちゃんと字幕ある)。また、MODについての情報はまだ全然調べてないけどそのうちちょっと触ってみたいところです。あとCoopも気になりますけど普段はxbox360でゲームやってるのでSteamのフレがいないので出来ない。うn。

2011年4月14日木曜日

PosterousでMarkdownが使えるらしい

Markdown記法についてはwikiぺのMarkdown辺り参照。軽量マークアップ言語の仲間。

webのposteriousエディタの場合は以下。

  • html編集モードで編集すると
  • markdownタグで囲んだ範囲がmarkdownとして解釈される

メール投稿の場合もmarkdownタグで囲んだ文を書いて送ればいいらしい。

2011年4月12日火曜日

WordpressからBloggerへ引越し

Metzger Marsh Wildlife Areaphoto © 2010 Starley | more info (via: Wylio)

 

割と簡単でした。

  1. Wordpressのツール→エクスポートからエクスポートファイルのダウンロードを行う。
  2. http://wordpress2blogger.appspot.com/ でエクスポートファイルを変換。(WordpressのエクスポートデータをBloggerのエクスポートデータに変換してくれる)
  3. Bloggerで新規にブログを開設し、ダッシュボードの設定→基本の上のとこにあるブログをインポートで、先ほど作成した変換済みデータを食わす。
  4. Bloggerでカスタムドメインを設定する。あわせて、さくらの会員メニュー→ドメイン→ゾーン表示でDNSをチョイチョイする。wwwがついたけどとりあえず設定よし。
  5. twitterfeedでOAuthログイン、Bloggerでのログインを選択し、フィードの設定とアカウントへの関連付けをして自動ポストを設定。

なぜ引越しが必要だったかは不明。

20110411辺りの日記




今日は天気も良く、靖国通りの桜がキレイでした。お昼までは。

なんかどの関心事もうまいことふくらまなかったので箇条書き。困ったときは箇条書き。

最近の気になるゲーム(リンクは公式かトレーラー映像へのリンク)

  • DiRT3 : 5/24。日本語版出るか不明。ラリーゲー。それなりに金のかかったラリーゲーというだけで貴重。
  • OFP:RR : 4/26(ただし北米地域では6/7に変更)。日本語版は夏とのこと。自分はやりたいけどなんとなくあまりオススメできない野戦系現代戦FPS。
  • Portal2 : 5/12に日本語版。FPSなパズルっぽいゲーム。前は安かったのに今回フルプライスなのが多少イヤンな感じ。HalfLifeの続き作れや。
  • HomeFront : 発売中。米本土で現代戦なFPS。雰囲気と画作りはすごいいいけどシューターとして面白いんかなというところ。
  • Brink : 5/26に日本語版。武器やアクションが豊富そうなFPS。マルチ楽しそう。
  • Rage:9/13。日本語版不明。シューター。アートワークのテイストはFO3やボダランぽい。
  • Battlefield3 : 11月頃。日本語版不明。現代戦ものFPS。音とライティングと破壊表現がいいのはMoHやBFBCで分かってたけど、今回はキャラクターアニメーションの仕組みをEA Sportsから引きこんでるらしく、モーションの繋ぎや重心移動がすごい。鯖は心配。
  • Hawken : 対応PFもリリース日も未定。メックゲー。UDKで開発のインディータイトルらしいがえらい作り込み。


技術的な関心事

  • アジャイルとかスクラムとかオサレ開発手法に手を染めてみたい : 機能仕様を作ったあとに、詳細設計・実装・テストの辺りをどかっと作ってどかっと試験するのでなく、1週間から1ヶ月ぐらいのサイクルでちょっとずつ作ってテストしていくらしい。ビッグバンテストが避けられてよさそう。バグの発生予測や収束の曲線とかひきにくくてムラムラしそう(本職のテストエンジニアはこういう手法に対応出来てるのか?)。請負屋なので柔軟性とかから受ける恩恵があんまなさそう。
  • Redmineとかオサレ管理ツール使いたい : ソフトウェア開発プロジェクトを何だと思ってて、何を管理するのに使いたいのか使用者がわかってないとなんかやたら高機能な何かにしか見えなくてダメなのが分かった。のでトラッカーとかカテゴリとかなんに使うかとか使用計画を練ったりしてた。練ってもどこかでこけそうで怖い。
  • Rubyってのが流行ってるらしいけど今からやるんだと1.8系と1.9系どっちなん : 1.9.2でよさそう。つい最近までRoRが1.8系しか対応してなくてどうなんだろうと思ってたけど、今は大丈夫っぽい。
  • 分散型SCMとか使ってみたい : 日本語ファイル名の扱いがいまだにダサいようなので見送った。

2011年4月11日月曜日

Androidのレイアウトについてのメモ-layout_weightの使い方とか

grid of 2photo © 2010 Mel | more info (via: Wylio)

 

レイアウトについてのメモ

layout_weightの使い方

Android開発で、画面レイアウトをLinearLayoutとか使って素直に組んでくと左上から右下に向かって組んでくようなイメージになるのだが、下寄せや右寄せにしたいとか真ん中で分割したいという場合に困る。そういう時はlayout_weightを使うと良いらしい。

例として、縦方向のLinearLayoutに配置した2つのボタンをみっしりさせる場合、大体以下のような感じ。横方向の場合も同じように効く。

 

メモ少々

UIデザインパターン関連のリンク

参考にできるコード

  • iosched : Google I/Oのスケジュールアプリ 上記UIセッションで紹介されたパターンの実装例となる
  •